鹿児島のギャルデリヘル嬢に本○誘われたw

自宅で夜中、酒が入っていたこともあり、デリのHPを見ていて、つい呼んでしまった。
私の住まいの鹿児島では、基本的に顔出ししている姫はいないので、もうお店におまかせ。

ほどなく来たのはハタチのギャル。背は160以上、スリムなCカップ。
茶髪だし派手なメイクだし、しゃべり方も気だるそう。
でも態度が悪いわけじゃなく、世間話をしつつ、シャワーフェラもしてくれた。
鹿児島デリヘル紹介所
ベッドに入って腕枕。
普通のカップルのようにキスや愛撫を丁寧に。
小生、こうしないと気分が盛り上がりません。
指マンすると抑えた喘ぎ声と息遣い。ホントに感じてるのかな?
「ねえ、なめても良い?」としおらしいことを言って、シックスナイン開始。
「おっきいね」じつは私良く言われます。
姫のフェラは口に含んだまま下を動かすもので、これが絶品に気持ち良い。
「すげぇ気持ち良い、上手いって言われるでしょ?」
「ううん、言われたこと無い」
ぜったい嘘だ。ってくらい気持ち良い。

しばらく舐め合っていると、
「ねえ、入れたい」と姫からご提案が。
「なんで??ダメなんでしょ?」
「だって大きいんだもん。内緒にするから。嫌だ?」
嫌なわけありません。

じゃあいいよ。というと、シックスナインの体勢のまま姫がゴムを着けてくれて背面騎乗位です。
姫の形の良い若いヒップがクネクネと踊ります。
抑えた息遣いで「んん…ぁあぁぁ…キモチいい……」と喘ぐ。
もちろん僕も気持ちいいけど、酔っているためなかなか逝きそうになりません。
しばらくして正常位に。ガンガン突くと姫の反応も良くなってきます。
「す…ご…い…気持ち…ぃぃぃ…」
逝きそうにないため、ガンガン突きます。Cカップの胸が揺れて姫の表情も切なげに。
「激…しぃ…すぎるぅ!ダメッだ…っよぉ」
姫の良すぎる反応に、気分も盛り上がり、ほどなく射精感が襲ってきました。
「あぁ、逝きそう」と言うと、
「いぃやぁだっ!、ダメ…、もっ…と…っすぅる…ぅ!」
「ま…だぁイィッてな…いぃ!も…っ…とぉし…た…っい……の…ぉ」
嬉しいこと言ってくれます。でも若いアソコに勝てるわけもなくあえなく撃沈。
鹿児島デリヘル紹介所
姫はゼェゼェ言いながら「気持ちよかったょ/////お兄さんのチンチン好きかも」
ツボを心得てるね。プロだな。でも嬉しい一言。
「今度は先に逝かないでよね!」とふくれてみせる。
ギャルが可愛いじゃねぇか。という感じ。
デリヘルで本○のお誘いを受けたのは初めてでした。
あるんですね、こういうことも。